芥川賞 直木賞

決まりましたね。

ニュースで、朝吹真理子さんというお名前を聞いて
あ?もしかして?

叔母様は、F.サガンの翻訳をてがけられた朝吹登水子さんでらっしゃるとか。

フランソワーズ・サガンの小説は勿論、素晴らしいが、
朝吹さんの翻訳があったからこそ、ベストセラーに なったのではないか

と、いうような文章を読んだ事があります。

悲しみよこんにちは (新潮文庫)
フランソワーズ サガン 朝吹 登水子 Francoise Sagan
新潮社
売り上げランキング: 236217


受賞作から、本を購入するかどうかは未定。
個人的には木内昇さんの「漂砂のうたう」に興味ありです。


有川 浩 著  クジラの彼 読了

クジラの彼 (角川文庫)
有川 浩
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 1940



短編集。
中でも 国防レンアイ 良いです。

自衛官のかたって、普段お会いする機会がないので、
どんな生活をおくられているのか、想像もできなかった。
読むと、少し垣間見れます。

披露宴の司会をしてた頃は、
自衛官や警察官のかたがたも うけもたせて頂いた事があります。
体育会系なんだな~と、感じた記憶が・・。

有川さんの本は4冊目。
毎回、読んで泣いているような気がします。
爽やかに泣ける一冊です。
[PR]
by untempsheureux | 2011-01-18 11:06 | book


写真と本と布と紙 Ecruの気まぐれ日記


by ECRU

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31