<   2010年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Lunch

美味しいパンとチーズとハムがあれば幸せです。

先日、デパ地下でニュージーランド産のクリームチーズをみつけました。
平日の昼間だったので、お店は混んでなくて、
カマンベールにしようか、クリームチーズにしようか・・のんびりと考えてしまい
お店のかたに「このクリームチーズは美味しいですか?」
と、訊ねたら「お値段のわりにすごく美味しいんですよ」と薦められ、
「切ってあげましょうね。」と、試食までさせて頂き購入しました。

次にハム屋さんへ。
「奥さん、このベーコン美味しいのよ」と目の前に試食品を出され
また食べてしまいました。
ロースハムを買うつもりだったのに、ソーセージまで出されて、困ってしまいました(苦笑)。
でも初志貫徹!!
「ロースハムが欲しいんですけど、どれが美味しいですか?」
と訊ねたら
「何を作るの?」
「バゲットに挟みます」
「なら、切り落としになさったら?サンドイッチなら切り落としで充分ですよ。」
とアドバイスされ切り落としのハムを買いました。
(♪随分親切な店員さんだなぁ~と思いました)

これらの材料を挟んで、本日のランチです♪

a0144184_1455732.jpg


福岡は食べ物が安くて美味しいのです。
(生鮮食料品は、横浜よりたぶん20~30%安い)
嬉しいんだけど・・・太ります~っ!
by untempsheureux | 2010-02-22 14:09 | diary

メダル2つ♪

「スピードスケートの男子500メートルで銀メダルを獲得した長島圭一郎選手と銅メダルの加藤条治選手に現地16日、メダルが授与されました。」

このニュースを昨晩、出張中のダンナくんの電話で知りました。
“今、NHKで放送されてるよ!テレビ観ないと世情に疎くなるよ!”
ですって~。
タシカニ!!
フィギュアスケートの小塚くん、高橋くんも好調なようですね。
浅田 真央ちゃん・・etcこれからの中継が楽しみです。
個人的に仏ブライアン・ジュベールもね^^♪

ダンナくんが出張に出ていたので、またまた本を読み耽っておりました。
①嫉妬の香り:辻 仁成
②池袋ウエストゲートパークⅦ:石田 衣良
③かのこちゃんとマドレーヌ夫人:万城目 学
②、③はすごく良かったです。

More
by untempsheureux | 2010-02-17 18:18 | diary

machande de couleursさんから

machande de couleursさんのミニカレンダーが届きました。

紙ものには目がなく、紙屋さんや文房具関係のお店を
パソコンのお気に入り欄にたくさん登録しています。
暇さえあれば、こういったお店をチェックして悦に入っています。

しかし!
ポチ袋、アルバム、スタンプ・・・知らず知らずに増えていきます。
片づけ下手な事もあり、いざ「買っておいた切手はどこだろう~?」と
引き出しを探していると
こんな物を買っていた!!と新たな発見をしてしまうことになります。
自己嫌悪~↓↓
足るを知るという老子の言葉を思いださずにはいられません。

<意味>足るを知る者は富む(たるをしるものはとむ)
と言う句があります。
今を満ち足りたものとし、現状に不満を持たない者は、満ち足りた心で生きていける。
己の身の程を知り、それ以上を望まないことが、豊かに生きるということです。
 
                                (記事抜粋)
・・・・でも、
買っちゃったんですよ~^^。


ラッピングはこんな風

a0144184_16555913.jpg


シーリングワックスと紫陽花があしらわれています。

More
by untempsheureux | 2010-02-16 17:10 | diary

ベランダからふ~っ

先日、ダンナくんに協力してもらってしゃぼん玉を撮ってみました。

しゃぼん玉を撮るのは結構難しかったです。

空にふわふわしている様子が撮りたかったのですが、
背景が空ではしゃぼん玉が目立たなくて困りました。

連写したのですが、載せられるのはこれくらいです。(苦笑)

a0144184_0213074.jpg



キラキラしている部分がしゃぼん玉です♪
by untempsheureux | 2010-02-15 00:25 | photo

クワイヤボーイズ続編!!!!

NHK 地球ドラマチックで放送された
クワイヤボーイズ
[あらすじ] スポーツの名門校として有名な、イギリスの男子校ランカスター校の生徒たちにとって、人前で歌うことなんて、チョ~恥ずかしい!! 
 そこに乗り込んだのが、ロンドン交響楽団などで合唱団の指揮者として活躍してきたギャレス・マローン。
 合唱なんかに全く興味を持たない少年たちを教えることになったマローン先生は、「合唱を通して生涯忘れられない経験をさせたい」と熱く語り、あの手この手でアプローチ。
数ヶ月後にロイヤル・アルバート・ホールで行われる、イギリス最大の若者の音楽イベントへの出場を目指して、マローン先生と少年たちの挑戦が始まりました。

ドキュメンタリーなんですけど、
ふざけたり恥ずかしがったりしていた少年たちが、音楽や合唱の楽しさに目覚めていく様子が爽やかに描かれています。
私はなんどもこっそり泣いてしまいました。
(ダンナくんと二人で観ているので、泣くのはめちゃくちゃ恥ずかしいです)

ロイヤル・アルバート・ホールで唄うクワイヤボーイズ


続きが見たいな~と思っていたら続編放送されるそうです♪

More
by untempsheureux | 2010-02-12 16:44 | diary

もうひとつ

シルバー色の栞金具とカボションパーツでブックマーカーを作りました。



a0144184_9484565.jpg



注文していた“池袋ウエストゲートパークⅣ~Ⅵ“が昨日夜届きました。
Amazonは時々ハイスピードで届けてくれるので、吃驚します!

ところで・・・、豆本ってご存知ですか?
~手のひらより小さな本~
手作りの小さな本の中から作り手の思いと個性があふれてきます。
・・な~んていっても私も豆本を見たのは1年ほど前。
豆本は一度ワークショップで作ったっきりなんです、ふふふ♪

3/21~3/28ふくまめ3が開催されます。
私は、会期中のどこか一日、会場でお留守番をさせていただく予定です。
by untempsheureux | 2010-02-11 10:03 | handmade

チャーム

香水瓶の形のチャームでブックマーカーを作ってみました。

栞金具をweb shopでみつけたので、
今回はスェード紐でなくチェーンにつなげました。


a0144184_10393360.jpg




今更ですが・・
石田 衣良池袋ウエストゲートパークにはまっています。
かなり前に買って、読まず嫌いのまま本棚に放置していたのですが、
読み始めたらハマリマシタ。

本は巡り合うタイミングと相性があるようですね。
私の場合、文章のリズムをのみこむまでに少し時間がかかります。
この間に“相性がイマヒトツだなぁ~”と感じると本棚の隅においやるわけです。
手元の未読本が途切れるとゴソゴソと本棚からひっぱり出します。
下北サンデーズ池袋ウエストゲートパークⅠ~Ⅲを読了。

はやくAmazonから続きが届かないかな~と思っているところです。
by untempsheureux | 2010-02-10 10:40 | handmade

サヨナライツカ

サヨナライツカ読みました。

作者はミポりんの旦那さま、辻 仁成
たしか・・・
これまで、辻さんの本は冷静と情熱の間一冊しか読んだことがありませんでした。

辻さんの小説恋愛外国が舞台(庶民には縁がなさそうなロマンチックな設定)
という私が勝手に思い込んでいるパターンではあったのですが
セツナクテ泣きました。

サヨナライツカ冒頭より引用

いつも人はサヨナラを用意して生きなければならない
孤独はもっとも裏切ることのない友人の一人だと思うほうがよい


中略

永遠の幸福なんてないように
永遠の不幸もない
いつかサヨナラがやってきて、いつかコンニチワがやってくる
人間は死ぬ時、愛されたことを思い出すヒトと
愛したことを思い出すヒトにわかれる


私はきっと愛したことを思い出す




a0144184_1534438.jpg


More
by untempsheureux | 2010-02-02 15:14 | diary


写真と本と布と紙 Ecruの気まぐれ日記


by ECRU

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る