<   2012年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

どうなのだろう?

街角でうけとる ポケットティッシュ そのままバッグに入れてますか?

私は、近澤レースさんの
ミニティッシュケースポーチに入れて使っています。

先日、まじまじと見たら、ずいぶん汚れていたんですね、
それで・・・ポケットティッシュケースを作ってみようかと・・・・


PCで 作り方を検索してみたら、いろんな方が
簡単な作り方を紹介されていました。

Hoppelfinさんのレシピが、私が作りたい形に1番近かったので
( 自分用は、サイズを変更 )参考にさせていただきました。


a0144184_14361198.jpg




a0144184_14355125.jpg


ちょっとしたプレゼントにどうだろう??って思ったのですが、
そのままがいい って、かたもいるだろうな


件の・・近澤レースさんのポーチ これから手洗いします 
汚れているだけで、ほとんど傷んでないよう。
[PR]
by untempsheureux | 2012-05-13 14:36 | handmade

marche bag

数年使い込んだ dearMoroccoさんのマルシェバッグ Mサイズ

今年は、Sサイズを新調することに。



で、カスタマイズしてみました。

a0144184_17115535.jpg


取り外しも可能なカバーです。

一応、試行錯誤し 使いやすそうな形にしてみたつもり。

巾着タイプが良いかなぁ~と、考えたのですが、
私の場合・・・買い物の時、巾着の開け閉めが意外に面倒で、
気がつくと、パカッと開いたままになっていることが多かった
我ながら、不用心。

結ぶと、こんな感じ

a0144184_17205528.jpg


かごバッグ 軽くてだいすき 
[PR]
by untempsheureux | 2012-05-12 17:26 | handmade

Goethe!

Goethe! ゲーテの恋 ~君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」~


DVDで鑑賞






ゲーテが 若きウェルテルの悩み を書くきっかけとなった シャルロッテとの出会い・恋
友人の死 そして本が出版されるまで が、実話をもとに描かれています。

a0144184_14574251.jpg
ゲーテ役の Alexander Fehling (アレクサンダー・フェーリング)の格好いいコトといったら~

(*注 : ブログ中の画像は、お借りしております )


素敵すぎ~と、いう気がしないでもない・・・
勿論、美しいことは 素晴らしいのです!!!


で、実際の ゲーテさんは どんなお顔だったのか?検索してみると


a0144184_1014326.jpgJohann Wolfgang von Goethe

1749年8月28日 - 1832年3月22日 ドイツの詩人、劇作家、小説家、自然科学者、政治家、法律家。
ドイツを代表する文豪であり、小説 若きウェルテルの悩み ヴィルヘルム・マイスターの修行時代、
叙事詩 ヘルマンとドロテーア 詩劇 ファウストなど
広い分野で重要な作品を残した。

なかなかの偉丈夫&ハンサムなかただったようですね。


映画の話ですが
まだ、世に出る前の 若く瑞々しい感性を持ったGoetheと、いう青年が描かれています。

都会育ちのゲーテ青年が、法学を学ばせたいという父親の意向を渋々うけ
フランクフルトの北方に位置する 小さな村ヴェッツラーへ行くのですが、
景色が これまた素晴らしいのです。

楽しかったですよ~、いや~満足 
[PR]
by untempsheureux | 2012-05-11 14:59 | diary

今回も

これといった話題がないので・・・


最近見たDVDの事をかきます。

愛を読む人





1958年のドイツ。
15歳のマイケルは21歳年上のハンナと恋に落ちる。
ハンナの部屋に足繁く通い、請われるままに始めた本の朗読によって、2人の時間はいっそう濃密なものになるが、
別れは、突然おとずれ・・・・

主演のKate Elizabeth Winsletが、2008年度 アカデミー賞主演女優賞
を受賞した作品です。

マイケルを演じるのは、David Kross 。
格別ハンサムというわけではないのですが、
とってもチャーミング !
マイケルのピュアさを、瑞々しく演じていると思います。

ケイトは、本当にすごい。

映画の中では、終始、仏頂面で ぶっきらぼうで、骨太な中年女性そのもの。
が 時折見せる可愛らしい (あるいは美しい)表情とのギャップ!!
次第にひきこまれていきます。

『 ひと夏の恋の想い出 』映画と、いうわけではなく、後半は シリアスな展開です。
想い出のシーン があったからこそ、後半の展開も受け入れる事ができました。


仏映画だと、オット曰く “ ラストがもやもやして嫌!”って事がままありますが
(* 私は、仏映画の余韻のあるラストが好きだけど )
Hollywood映画は、わりとスッキリ終わるでしょう?

愛を読む人は見終えても、いろいろ考えちゃう

オットでさえ、なぜ?なぜ?なぜ? って、3つくらい疑問を口にしていたっけ



先日、検査をしましたが、やはりまだアレルギー反応が出ているそうで・・・
仕方なく薬を服用し、ネムダル~( 眠くてだるい )な日々を過ごしています。
[PR]
by untempsheureux | 2012-05-10 13:55 | diary

いまごろ?!

近頃、DVDを借りてちょこちょこ映画を観てます。

E.T 観てなかったんです。
観ようと観ようと思っていたら、ブームが過ぎてそのまんま・・。


昨日、観ました。





John Towner Williamsが作曲したテーマ曲、改めて聴くと、やっぱり良いですね。




泣けました。

できれば一人で、ティッシュボックスを抱えて見たかったです。
GWで、旦那さんが隣にいたもんですから、
(旦那さんは、昔、観たそうでテンション低め)
涙こらえすぎて、見終わったらぐったりしちゃった。

ドリュー・バリモアの幼い頃、可愛いですね~
a0144184_17451886.jpg

[PR]
by untempsheureux | 2012-05-01 18:06


写真と本と布と紙 Ecruの気まぐれ日記


by ECRU

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31